陽刻宝相華文7.5寸台皿(白磁) / 阿部春弥
陽刻宝相華文7.5寸台皿(白磁) / 阿部春弥
陽刻宝相華文7.5寸台皿(白磁) / 阿部春弥
陽刻宝相華文7.5寸台皿(白磁) / 阿部春弥
陽刻宝相華文7.5寸台皿(白磁) / 阿部春弥
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 陽刻宝相華文7.5寸台皿(白磁) / 阿部春弥
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 陽刻宝相華文7.5寸台皿(白磁) / 阿部春弥
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 陽刻宝相華文7.5寸台皿(白磁) / 阿部春弥
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 陽刻宝相華文7.5寸台皿(白磁) / 阿部春弥
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 陽刻宝相華文7.5寸台皿(白磁) / 阿部春弥

陽刻宝相華文7.5寸台皿(白磁) / 阿部春弥

通常価格
¥13,200
販売価格
¥13,200
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

作家:阿部春弥(三窯)/長野
サイズ:D23cm ; H10cm ; 1,000g
素材:磁土
質感:つるつる

-作品説明 -
土は、丈夫で普段の暮らしに使っても割れにくい器を作るため天草の磁器土を使用。
東洋やヨーロッパの古い器を参考にしながらも現代の暮らしに馴染むようなデザインを心がけ、暮らしの中で使う器として、料理を盛りつけたとき、花を生けたときなど、主役を引き立てられるような器を模索しながら制作されています。
ろくろで整形されたのちに石膏型で仕上げられる輪花皿、彫刻を施した石膏型に生地を押し当て文様を映し出させて装飾を施す陽刻、成形後に生地を削り出す面取りやしのぎ、の主な3つの技法が用いられた軽くて日常使いしやすい器です。

- 作家紹介 -
《阿部春弥/あべはるや》
焼物を生業とする両親の元、4人兄弟の末っ子として生まれる。愛知県立窯業高等技術専門校(愛知県瀬戸市)で焼き物を学んだ後、日本の伝統的な焼き物を勉強するために岡山県の備前焼作家に弟子入り。そこで3年間学んだ後に、故郷の長野県にて作家活動を始める。工房は山々に囲まれ、、野鳥のさえずりや川のせせらぎ、木々が風に吹かれて奏でる音がすぐ近くに聴こえるような、自然豊かな里山に位置しています。

- 取り扱いについて -
最初のご使用前の特別なお手入れは必要ありません。軽く水洗いしてからご使用ください。
長く使用しているうちに茶渋や着色汚れが生じる場合があります。薄めた漂白剤に浸して汚れを落とすことができます。
電子レンジでのご使用は可能ですが、オーブンでのご使用はお控えください。
食洗器はご使用いただけます。(輪花などは手洗い推奨)
ルリ・淡ルリ・黄磁はご使用いただくうちに表面に細かな傷がついていきます。ご承知おきください。

- ハンドメイド商品について -
こちらの商品は作家がひとつひとつ手作りしており、色・形・釉薬のかかり具合などに個体差があります。サイズ表記は目安としてお買い求めください。